【レスキューフーズ】緊急時の非常食カレーを食べる

緊急時の保存用カレー

まもなく消費期限が切れる非常食カレーを食べました。非常食といっても、カレーとご飯はレトルトで、それを温める道具が付いているだけです。なので、普通にレンジやお湯で温めれば食べられますが、せっかくなのでセットに入っている道具を使ってみることにしました

箱の中身はこれ

緊急時の保存用カレー

  • ごはん
  • ビーフカレー
  • 加熱袋
  • 発熱剤
  • 発熱溶液
  • れんげ
  • 紙ナプキン

箱の裏の説明書

緊急時の保存用カレー

それでは、スタート!

スポンサーリンク
Google336 記事下

発熱剤を取り出す

発熱剤を袋から取り出します

緊急時の保存用カレー

発熱剤を加熱袋に入れる

発熱剤を加熱袋という透明のビニール袋に入れます

緊急時の保存用カレー

加熱袋に食材を入れる

加熱袋にカレーとごはんを入れます。食材はちゃんとパッケージされているので大丈夫

緊急時の保存用カレー

箱に入れる

加熱袋ごと商品が入っていた箱に入れます

緊急時の保存用カレー

発熱溶液を加熱袋に注ぎ入れる

発熱溶液を注ぎ入れると発熱が開始します。
袋の「ヤケドに注意」の警告を、カップラーメンの「ヤケドに注意」の注意書きと同レベルに見ていると痛い目にあります。すごく熱いです

写真だとよく見えませんが、湯気がモクモク

緊急時の保存用カレー

シールを貼って封をします

ヤケドしないように注意しながらシールで封をします。蒸気で袋がパンパンになります

緊急時の保存用カレー

そのまま、30分待ちます。30分も!?

温め完了

20分蒸気がでたあと、10分蒸らして30分。ようやく完成です。
ごはんを「これでもか!」というくらい片側に寄せないとカレーがあふれるので注意です。少しあふれてしまった・・・

緊急時の保存用カレー

感想

当然ですが、カレーは普通のレトルトカレーでおいしかったです。ただ、30分もかかるとは予想外でした。食べる時間から逆算して調理開始しないと食べる時間がなくなるかも

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る