「藤子・F・不二雄の発想術」を読了

藤子・F・不二雄の発想術

「藤子・F・不二雄の発想術」はドラえもんの作者、藤子・F・不二雄先生が残された言葉を拾い集めて再構成した本。非常に解りやすい言葉で綴られたメッセージからは、真面目な先生の人柄がひしひしと伝わってきます。創作に関わる人は必読の一冊だと思います。ちなみに漫画の台詞などからの引用はありません。

目次です

スポンサーリンク
Google336 記事下

第1章 僕の歩んできた道

  • 少年時代
  • 手塚治虫先生との出会い
  • プロのまんが家に
  • トキワ荘時代
  • スタジオ・ゼロ時代
  • ドラえもん誕生

第2章 僕のまんが論

  • ナントカ カントカ
  • 普通の人プラスアルファ
  • 「子どもまんが」を描くということ
  • いただきのすすめ
  • 奇妙奇天烈摩訶不思議
  • パターン化という落とし穴
  • キャラクターの独り歩き
  • まんがの話術
  • 小さな断片を紡ぐもの
  • 描けば描くほど・・・・・・
  • 僕のタネ手帳
  • 「人間を描く」ということ
  • マイナスを転じてプラスとする
  • まんがという表現形式
  • 夢や冒険に憧れる心は失ってほしくない
  • ありそうもない話をありそうに描きたい
  • どんな時代にあっても子どもの本質は変わらない
  • 意外性と含んだ「まんが」が出発点
  • 子どもまんがと私

第3章 僕の仕事術

  • 創造の心構え
  • アイディアとキャラクターの作り方
  • 読者に伝えるために

第4章 まんが家を目指す人に

  • 藤子不二雄賞の総評より
  • 藤子・F・不二雄 主要作品リスト
  • あとがきにかえて

優しい言葉で、かつ無駄が削ぎ落とされた文書はすっと頭に入ってきます。先生の漫画をそのまま文章にした感じですね。初めて読む文章が満載で非常に読み応えのある一冊でした。できればこのように抜粋された形ではなく、全文を集めた本を出して欲しいです。

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る