LINEのユニバーサルアプリ化は母にとって大迷惑

LINEのユニバーサルアプリ化は母にとって大迷惑

以前はLINE for iPadというアプリがiPad向けにリリースされていたのですが、いつの間にかユニバーサルアプリ(iPhoneとiPadで1つのアプリ)化されていました。iPhoneとiPadで別アプリにするのはメンテナンスも面倒だし、これは自然な流れなのでしょう。

LINE for iPadを使っていた人は違和感なく移行できると思います。機能もiPhone版と同等になりましたし、文句の付け所がないです。ですが、iPadでiPhone版のアプリを使っていた人にとっては、ちょっとありがた迷惑だったりします。

僕の母がまさにそうで、iPadでiPhone版のアプリを拡大表示して使っていました。LINEの登録はガラケーの携帯番号という変則的な使い方です。

iPadでiPhone版を使うメリットは

  • 文字が大きくて見やすい
  • フリック入力で大きなキーボードが使える。(iPadでもフリック入力が使えるけど、キーボードがとても小さい)
  • 画面レイアウトが僕が使ってるiPhone版と同じなので、トラブル時に解決しやすい

といったところでしょうか

母はバージョンアップで大きなキーボードが使えなくなって困っています。iPhone版での操作方法をノートに書いて渡したんだけど、これも役に立たなくなってしまいました。

今まで考えもしませんでしたが、ユニバーサルアプリ化で困る人もいるんですね。「iPhone版がiPadにも対応した。やったー!」という人ばっかりだと思っていました。

そんなわけで、iPadで大きなフリックキーボードが使えるように、入力専用のiPhoneアプリを作りました。自分で作ったアプリなので、突然ユニバーサルアプリ化されて困ることもありません。

同じ様に困っている方は、ぜひ使ってみてください。

iPadで使うiPhoneアプリ「下書きエディタ」をリリースしました
「下書きエディタ」はiPhone用のアプリですが、iPadにインストールすることで、高齢者や初心者にも使いやすい大きなフリックキーボ...
関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る