【Swift】SwiftのプロジェクトにAdMob 7.0を導入

SwiftのプロジェクトにGoogle Mobile Ads SDK 7.0を導入してみました

7.0からフレームワークという形での配布になったり、公式サイトでの説明はObjective-Cでの説明だったりと、つまずく人はつまずくと思うのでメモしておきます。ちなみに僕はつまずきやすいところでは必ずつまずくタイプ。現実の世界でも、段差があるところは必ずつまずきます。

こちらが公式の説明。英語ですが図が豊富なのでなんとなくわかります。
iOS Quick Start – AdMob iOS Guides — Google Developers

スポンサーリンク
Google336 記事下

まずSDKを入手します

SDKはこちらからダウンロードできます
Downloads – Google Mobile Ads SDK — Google Developers
2015年2月19日現在、最新バージョンは7.0.0です

プロジェクトに追加する

ダウンロードした「googlemobileadssdkios.zip」を解凍するとできる「GoogleMobileAds.framework」をプロジェクトに組み込みます。「GoogleMobileAds.framework」を組み込みたいプロジェクトにドラックすれば追加されます。

必要なframeworkの10個を追加する

  • AdSupport.framework
  • AudioToolbox.framework
  • AVFoundation.framework
  • CoreGraphics.framework
  • CoreTelephony.framework
  • EventKit.framework
  • EventKitUI.framework
  • MessageUI.framework
  • StoreKit.framework
  • SystemConfiguration.framework

Storyboardでバナー用のViewを追加する

こちらも公式の説明そのままです。

プログラムにAdMob呼び出しの記述を追加

Storyboardで作ったバナーとViewControllerを接続します。
これも公式サイトに説明が詳しいです。

接続すると、ViewControllerに
@IBOutlet weak var bannerView: GADBannerView!
が追加されます。

このままではプログラムが「GADBannerView」って何なの?わからない!ってなってエラーがでるので、
import GoogleMobileAds
を追加します。さっき追加したframeworkですね。

AdMobの呼び出しも追加するとViewController.swiftはこんな感じになります。

import UIKit
import GoogleMobileAds

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var bannerView: GADBannerView!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // AdMob呼び出し
        bannerView.adUnitID = "ca-app-pub-0000000000000000/0000000000"
        bannerView.rootViewController = self
        bannerView.loadRequest(GADRequest())
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

これをシミュレーターで実行すればテストバナーが表示されます。
AdMob表示

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る