iTunesファイル共有を説明なしに利用するとリジェクトです

「iTunesファイル共有」はアプリのデータ保存領域にMac/PCからアクセスすることができる機能です

iTunesファイル共有

プログラム的にはInfo.plistに「Application supports iTunes file sharing」を追加して「YES」にすれば利用することができます。とてもかんたん。

iTunesファイル共有

ただ、この機能を使ったアプリをAppleに申請すると「Metadata Rejected」でリジェクトされる場合があります。僕は過去2回経験済みです。忘れっぽいのです。

これは、この機能を使ってはダメってことではなくて、「iTunesファイル共有」を使っていることをちゃんと説明していないため。

おそらく、プログラム側で簡単に利用可能に設定できてしまうため、不用意にデータ領域をユーザーに見せることがないように、親切心で教えてくれているんだと思います。なので、「iTunesファイル共有」を使っている理由をちゃんと説明すればバイナリファイルはそのままで審査は通ります。

説明すれば審査が通るとはいえ、再審査は1週間くらい後になるので、最初の申請時にちゃんと説明した方がよいですね

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る