iPadでのiPhoneアプリの動作はどこまでサポートすればいいのか

iOS 10からiPhone 4Sがアップデート対象から除かれました。ということは、iOS 10以降を対応OSに指定すれば、iPhone 5以降の320×568の画面を最小サイズとしてアプリが作成できる!!

・・・と思っていたんですが、iPadでのiPhoneアプリの動作は320×460なんですね。これは迂闊でした

iPadでのiPhoneアプリの動作はどこまで対応すればいいのか

右下の2xのボタンを押すと2倍になりますが、320×460の画面が2倍にズームされるだけです

iPadでのiPhoneアプリの動作はどこまで対応すればいいのか

これに気づかないで、320×568サイズ以上を想定したアプリを申請してしまいました。今回のアプリはキーボードが画面のほとんどを占めるので、320×460で作成するのは難しいです。iPhoneアプリがiPadで動作しないとリジェクトになりますが、画面レイアウトが大幅に崩れる場合はどうなるのだろう・・・

結果、無事リリースされました
iPadでも起動はできますが、まともに使えません。それでもリジェクトにはならないようです(レビューの担当者によってはリジェクトになるかもしれません)

現実問題として、320×460の画面のサポートはしんどいので、iPadでのiPhoneアプリ利用時も320×568以上にして欲しいです。でも、iPadの画面の縦横比からすると、現状維持なのかなぁ・・・

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る