【iOS】子ども向けに作ったアプリはずっと子ども向けガイドラインで審査

「子ども向け」として一旦リリースすると、バージョンアップの過程で「子ども向け」から「一般向け」のアプリに変更しても、審査はずっと子ども向けカテゴリガイドラインで審査されます

アプリの申請時に「子ども向けに制作」にチェックを入れると、この文言が表示されます

「子ども向けに制作」を選択しました。今後、この選択を解除した場合でも、Appは既に年少のユーザによりダウンロードされている可能性があるため、引き続き子ども向けカテゴリガイドラインに基づいて審査されます

以前はこんな文章はなかったような気がするけど・・・どうだったかな?

子ども向けだと思ってダウンロードして使っていたのに、バージョンアップでネットにつなぎ放題になったり、ガチャが簡単に引ける仕様になってしまう・・・ということを防ぐためですね。まったくもって理にかなっています

開発者としては、リリース後の様子を見てアプリの方向転換することができないので注意が必要ですね

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る