プールカードを忘れる痛恨のミス

プールカード

小学校でプール授業がある時は、プールカードというものを子どもに持たせる必要があります。

プールカードは、朝の体温や朝食を食べたかなどをチェックをして、プール許可の親のハンコを押したカード。これがないとプールに入れません。僕が小学生の頃は休みたい時だけ連絡帳に書くくらいで、こんな面倒なカードはなかったけどな。どんどん世の中面倒くさくなる気がする。

先日、このプールカードを持たせるのをうっかり忘れてしまいました。前回のプールが雨で中止になって、プールの用意が学校に置きっぱなしだったのがよくなかった。忘れた事に気づいたのはプール授業が終わった後です

残念ながら、プール授業は見学になってしまいガッカリして帰ってきました。しばらく子どもの前でプールの話題が出せませんでした・・・

プールカードを親が書く事でトラブルが未然に防げるのでしょうが、今回のように親のうっかりミスで子どもが悲しい目に合うのは辛いですね

3年生ってしっかりしてきてるようで、まだまだ頼りないので、親もまだまだ気を抜けません。

夏休みのプールにもプールカードがあって、これも忘れるとプールに入れない事になるので、注意しないとなぁ

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る