色合いがオシャレ。北欧のキャラクターKUBBE(キュッパ)

キュッパ

図書館で珍しく子どもが自分から借りたいといってきた絵本「キュッパのはくぶつかん」。作者がノルウェーの方で、絵本の色合いもいいかんじでオシャレ。主人公のキュッパは丸太の男の子、さすが本場ノルウェーの森って感じです。

キャラクターのデザインは変に狙ってないユルさがいい味を出しています。眉毛を剃ったヤンキーっぽく見えるのは僕だけかな?

「キュッパのはくぶつかん」ではがんばって自分の博物館をつくるんですが、自宅を博物館にしたため、自分がトイレに行くのにも長蛇の列に並ぶ必要があったり、お客さんへの説明に疲れたりで、1週間で「ごめんねやめちゃった」と閉館してしまいます。なかなかのマイペースな丸太くんです。

といっても、まったく憎めないキャラなので、今後の動向が非常に気になります。本国ではもう次の絵本が出ているみたいので、早く日本語化して出版して欲しいです。

このキュッパ君、しっかりした日本の公式ページがあったり、ショートアニメが作られていたり、グッズもあれこれ出ていたり、メジャー化が着々と進められている感じです。これから人気が出るのかな?

KUBBE kort animasjon(キュッパのアニメ)

KUBBE(キュッパ)公式サイト

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る