小学生の子どもをみてUnityを勉強し始める

漢字テスト

先日小3の娘が漢字テストを持って帰ってきました。なんと20点。50問のテストなので40問の間違いです。先生も採点が楽だったろうなーと思える、のび太くんのような答案です

この漢字テストは1学期のまとめ的なテストだったので、90点以上取らないと再テストの繰り返しになるらしい。次の再テストは月曜日。

そんな無限地獄のようなテストなのに、娘は再テスト前日の日曜日になって勉強し始めるのんびりっぷり・・・

間違った漢字をノートに繰り返し書き取りという宿題を泣きながらやっていました。
正直再テストも不合格だろうな、でも何回か再テストして合格すればいいやと思っていました。あまりテストの点とかでガミガミいうのは好きではないのです。

で、月曜日の再テスト。
驚いたことに、1問だけ間違い(それも、送り仮名の間違い)の98点!
こんなに急にできるようになるものなんですね。ダメだと諦めていた自分が恥ずかしい。

そんなわけで、子どもが頑張ってるんだから、自分も頑張らないとダメだと反省。ずーっとやろうと思っていたUnityの勉強を本格的に始めようと思います。

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る